ヨガ歴史

ヨガ修行(つらいものではありますが、やり切ると成長に繋がるでしょう)者は、解脱を目的としているんです。この心の健康、安定を得るために、体操ばかりではなく、呼吸や瞑想もヨガの大切な要素となっているのです。実は、呼吸や瞑想(朝起きた時や寝る前など、やる時間を決めてしまうと、毎日の習慣にしやすいでしょう)が本来の目的を達成するもので、体操(オリンピック選手の男子の衣装が微妙だと思うのは私だけでしょうか)はその過程のようです。

ヨガ(エクササイズ的な要素が強い近代的なヨガとして、アシュターンガ・ヨーガやパワー・ヨーガ、マタニティ・ヨーガ、ホット・ヨーガなどが有名でしょう)の呼吸は腹式呼吸で行なうと思いますよ。腹式呼吸の正式名称は横隔膜式呼吸法というのです。ヨガの複式呼吸は肺のまわりのスペースを大きくしたり小さくしたりして息を吐いたり吸ったりする非常に効率の良い呼吸法(自律神経の訓練方法としても有名ですね)ですよね。

アメリカではヨガのダイエット効果がとても注目されているので、本来のヨガの動きにフィットネス効果を組みあわせることなどで新しいスタイルのヨガも考案され、人気を集めているようです。ヨガは誰にでもできるようですが、一番難しいのは継続することではないでしょうか?せっかくはじめたヨガも、続けることができなくて止めてしまったら、それっきりになってしまった人も少なくないと思うのです。ヨガで行なう腹式呼吸(なるべく胸郭を広げず、お腹を意識して呼吸します)は基本的なヨガの呼吸法ですが、あまり上手に出来ない人が多いのです。

腹式呼吸(息を吸うよりも吐く方に重点を置くのがポイントでしょう)にはいろいろな利点があるようです。中でも肉体改造、筋力(加齢とともに?えていくので、できるだけ日常的に意識して鍛えることが大切ですね)エクササイズ(「ビリーズブートキャンプ」や「コアリズム」など、様々なプログラムが開発されては消えていきますね)の要素を強めたパワー(強いほど弱い人への配慮が必要となるでしょう)ヨガなどはハリウッドスターが実践していることなどで話題となって、爆発的な人気を博しているのです。動作はゆっくりとなめらかに行います。

勢い(頭であれこれ考えるよりも流れにまかせた方がいいこともあるでしょう)をつけて行なってはいけないのです。動作は、ちょっと痛いけど気持ちが良いところで止め、一定時間保ちます。動作中は神経を集中して行なうことが大切です。決して無理をしてはいけません。無理をすると逆効果になってしまうのです。腹式呼吸をすれねきに気をつけることは、吸うよりも吐くを意識するようにしましょう。また、口ではなく鼻から呼吸するように注意するようにしましょう。そして、横隔膜の動きをイメージしながらゆっくりと複式呼吸を行なうようにするのがコツなのです。ヨガのポーズの重点は、リラックスにあるのです。緊張はリラックスを得るための過程と考えるのが良いと思うのです。このあたりが他のスポーツと違って、若い人だけではなく、高齢者にも気軽にできるのです。