ブランド グッチ

グッチは現在、世界第3位のブランドであると評価されている。グッチは1922年にイタリアのフィレンツェで発祥して以来、ハンドメイドの高級革製品の店としてそのブランドを確立してきているのです。

ブランドとは、ブランド(デザインが好き、コンセプトが好きなど、人それぞれ好きな理由がありますよね)にたいする信頼や憧れの感情であって、これらの感情が商品の購入に影響を与えることになるのです。

店を開いた後は、当時の政治の不安定さのため、何度か倒産の危機に見舞われていらっしゃるのです。更に、1935年には、イタリアが国連による経済制裁のため、革が入手できないという最大の危機が訪れるかもしれませんね。信頼や憧れといった感情(自分である程度コントロールできるようになると、人間関係が楽になるでしょう)が生まれ、これらの感情によって購入意志決定が影響を受けるのは、消費者が専門家ではないことと人間であるからなのです。

グッチはその度に独自のアイデアを生み出し、革以外の素材を混ぜたバッグ(他の人が持っていないものが欲しいという方も少なくないのだとか)や、香水などのヒット商品によって、危機を乗り越えているようですが、企業内の内部紛争に苦しんだのです。消費者が専門家ではないことからブランド(最近では、アウトレットでオトクに買うのも流行っていますね)と言った評価基準が意味をもち、消費者が人間であることから絵画のような存在に価値を認めることになるようです。

トム・フォード

グッチブランドは、1994年に会社が買収され、新デザイナーのトム・フォードによる革新劇が話題を呼でいた。専門家ではないことから生じる選択不安、ならびに、心理的な価値の希求がブランドの存在基盤となり、各々の存在基盤を基礎に機能ブランドと官能ブランド(デザインが好き、コンセプトが好きなど、人それぞれ好きな理由がありますよね)といった異なる性質を持った二つのブランドが成立したのです。

さまざまな危機を乗り越え、古い伝統を守りつつも時代にあった革新によって、グッチは今でも世界中の人々を魅了しているはずです。エルメス(創業者の孫にあたる三代目が馬車の?退を予見し、馬具作りの技術を活かして、バッグや腕時計などを作るようになったそうです)とは、ファッションブランドの中心地パリで発祥した、160年以上の歴史を持つブランドなのです。

機能ブランドとは、消費者が専門家ではないことから生じる商品の評価不安を背景に成立し、商品の信頼性を心理的に保証するブランドであって、

官能ブランドとは、消費者の心理的価値の欲求を背景に成立し、商品の機能的価値とは独立した価値を提供するブランド(それを持っているだけで自分に価値があるように思ってしまう人も少なくないでしょう)なのです。エルメスは、馬具の専門店としてスタートして、ヨーロッパの貴族や、皇帝にまで馬具を売り込むことに成功したようです。