古代米の種類

古代米の種類の中には赤米というのがあります。赤米は対馬や種子島、岡山などといった廟社で品種が受け継がれてきたのだとか。赤米は赤飯の基になった米と考えられていますが、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが多く含まれいて、日本でも栄養食品としての適用手法が注目されているお米です。

紫黒米はミネラルも多く含まれていて、健康食品としておおいに活躍してくれる食品だと言えるのです。古代米は人間の体に取って大事な栄養素を多く含有する大事なものとして、ふるくから大事に受け継がれてきたものなのです。食べやすいようにと品種改良などが行われている品種もありますが、本来のままの状態で育成されているものってあると思います。古代米には赤米・黒米・緑米などがありますが、稲穂だけ黒紫のものもありとりどりな種類があるのです。