健康食品

古代米はビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すれねいいというものでもありません)やミネラル(食べ物や飲み物から摂取するのが理想ですが、不足するようならサプリメントを利用すると手軽です)を多く含み健康食品として知られてきていますが、稲穂は黒ではなくて紫色に近い色をしています。古代米のひとつである黒米はビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)・マグネシウム(人間の体に必要不可欠なミネラルの一種です)・カルシウム・鉄分・亜鉛などが多く含まれているのです。黒米は薬膳料理としても多く活用されるので、「薬米」と言う別名で呼ばれることもあると思います。黒米は炊くと赤飯のような色になるのが特カラーです。

黒米という名前が付いているようですが、昔から大事に受け継がれてきた米で昔はお祝いの席や記念日によく食されていたようです。古代米は稲の背丈が2M近くにもなってしまいますから、風なんかの影響を受け倒れてしまうことが多く収穫量も多くありませんが、荒地でも育ち肥糧や農薬を必要としないのです。

古代米と呼ばれる米は大きく分けると赤米と黒米とに分かれます。黒米は濃い紫色をしているのが特徴の米の事で、「くろまい」や「くろこめ」と呼ばれていらっしゃるのではないでしょうか。中国では皇帝献上米としてふるくから大事にされてきたお米とはいっても、国内ではおはぎの基になったお米と考えられています。